健康と食事の関係

不健康な偏った食生活

現代人の健康について

生活習慣の変化や、環境の変化により、昔と今では日本人の健康状態はがらりと変わってきました。調査によると、体力測定の数値は低下し、平均寿命は延びているようです。栄養状態はというと、今と昔ではちょっと様子が違うようです。昔は不足しているというと、食事が満足に食べられないが為に起こる事が多いものでした。しかし今は、お腹いっぱい食べていても、ファーストフードなどの摂りすぎなどで、カロリー過多による不健康や、ビタミン・ミネラルの不足というふうに変わってきています。また最近は、環境の悪化などが原因で、食材自体の栄養が減ってきているとも言われています。

栄養と健康の関係を調査

栄養と健康の関係についてどのような関係があるのか調査してみると、食物が与える成分は人間にとって必要不可欠であり、それらの不足や極度の偏食は体調を損ね病気の原因になります。食べ物をあまり食べないとそれらがもつ成分の不足で体に悪いことはご存じだと思いますが、どちらかというと、現代日本では食生活の質が世界一豊かな国と言われており、逆に食べ物のとりすぎによる健康障害が社会問題となりつつあります。調査の結果、肥満などを予防するには日常的に適度な運動をすることは大事ですが、やはり摂取する栄養をコントロールするために食事に気を配る事もとても大事なことだということです。

健康と精神衛生の情報

© Copyright 睡眠と健康の密接な関係. All rights reserved.