痛風はプリン体が原因

痛風はプリン体を減らす

痛風とプリン体の関係とは

痛風の話を聞くときに必ずプリン体という名前を聞きますが、そもそもそれが何か、関係性を知らない事が多いようです。プリン体とは、基本的に食べ物全般に含まれている旨みの成分なのです。本来、体内で分解され尿酸として体外に排出されるのですが、その尿酸値が許容値を超えてしまい排出出来ない状態になってしまい体内に残ってしまい蓄積されてしまうことで起きてしまう病気が痛風と言われているのです。ビールなどお酒をよく飲む方がなるように聞きますが、実際はよく飲む為に蓄積量が増えるというのが実際です。

膝の痛みと加齢の関係

お年を召したかたは、よく膝が痛いと言います。膝の痛みは大抵が加齢からきています。ひざの軟骨が少しずつすり減って、骨と骨の間隔が狭まり、骨同士の噛み合わせ、接触がうまくいかないために、膝の痛みが出るのです。整形外科で、ヒアルロンサン入りの注射を施してもらったり、日常生活では、正座をしないように心がけて、膝にサポーターをすると、ずいぶんと違ってきます。今よりも膝がわるくなる前に、一度、整形外科を受診して、原因を知っておけば、安心できるでしょう。

健康と精神衛生の情報

© Copyright 睡眠と健康の密接な関係. All rights reserved.