肝機能障害は肝臓異常

肝機能障害は肝臓の異常

肝機能障害は肝臓の機能異常

肝機能障害と聞いて何を思い浮かべますか。多くの人は、「肝臓の機能に異常があること」と答えたのではないですか。そうです。文字通り、何らかの異常で肝臓の働きが悪くなることをいいます。肝臓と聞いたときに、アルコールと思い浮かべた方もいらっしゃるでしょう。もちろん、それも肝臓の機能の1つです。しかし、肝臓にはそれ以外にも、「代謝」と言って、脂肪や糖分をエネルギーに変える働きなどもあるんです。なので、肝臓の機能が障害されると、私たちの体に様々な支障が出てきてしまうんです。つまり、その支障が肝機能障害です。

尿酸値を下げると痛風予防に

若い頃は食生活が乱れていたり何かと不摂生はつきものですが、年齢を重ねるうちに必ずそのツケはまわってくるものです。食生活が乱れていると尿酸値が上昇することもあり、これによって痛風予備軍となる可能性も高くなるのです。痛風は生活習慣病とも言われていることから、意識して普段の食生活を改善していくことや、プリン体の少ない食事や食品を選ぶことも大切です。また、尿をアルカリ性に傾ける食品を積極的に摂ることによって尿酸値を下げることもできるので、食生活を見直すことに加えて水分を多く摂ることも心がける必要があります。

健康と精神衛生の情報

© Copyright 睡眠と健康の密接な関係. All rights reserved.