過食嘔吐の危険性

繰り返すと危険な過食嘔吐

女性がなりやすい過食嘔吐

過食嘔吐はいっきに大量の食べ物を食べてしまい、その後で自分で吐いてしまうことです。初めは軽い気持ちで、食べたものを吐いていると太る心配もなく、食べることもできるので楽なように錯覚します。しかし、これが大きな落とし穴です、何回も過食嘔吐を繰り返すと、体が食べ物を受け付けなくなります。また、これらをするケースのほとんどの場合、同時にうつ病も発症しています。精神的にも、弱ってきています。これを、自分だけの力で治すことは無理です。専門の病院で医師の下で指導を受けて治すことが大切です。色々な治療法ができます。

過食症はストレスと心の病です

食べて寝るは、人間の基本的な欲求です。それが体の許容範囲を超えて食べ続けてしまう症状があります。それが、過食症です。ストレスを解消するために食べると、忘れてしまいたいことを食べることで乗り越えようとするのですが、心と、体のバランスが崩れてしまい、満腹感を感じてしまうと、また食べ続けるために食べたものを吐き出したり、下剤で無理やり体から排出してはまた、食べる行動を繰り返す人がいます。家族に見つからないように深夜に行動することがあります。過食症は心の病です。専門医を受診して適切な治療を受けてください。

健康と精神衛生の情報

© Copyright 睡眠と健康の密接な関係. All rights reserved.